ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月20日

オランダ代表デビュー戦で、ディルロスンが負傷交代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日月曜日に、オランダ代表デビュー戦を果たした、ジャヴァイロ・ディルロスン。だがその時間はわずか20分足らずで残念な結果に終わることとなった。後半開始から、バベルに代わって投入された20才のウィンガーだったのだが、66分には筋肉系に問題を抱えて交代を余儀なくされている。

 所属するヘルタ・ベルリンにとっては、バイエルンに勝利して以降のリーグ戦5試合で未勝利と不振にあるだけに痛い知らせとなったが、パル・ダルダイ監督は「過度伸展にしても、筋損傷にしても、いずれにせよ離脱を余儀なくされることになる。今は医師の下へといっており、それ以上のことはまだ何も言えない」とコメント。

 今夏にマンチェスター・シティよりヘルタ・ベルリンへと加入した、20才の攻撃的MFは、その初年度では、ブンデス第2節からすでにチームの主力の座を射止めており、ここまでリーグ戦8試合に出場して2得点3アシストをマーク。なおその代役候補としては、オーストラリア代表のマテュー・レッキーが考えられるだろう。
 
 そのほかヘルタ・ベルリンでは、今季にブレイクを果たしていた若手MFアルネ・マイアー(大腿筋の負傷)と共に、マルヴィン・プラッテンハルト(風邪)、そしてジョーダン・トルナリガ(ふくらはぎの負傷)らが、チーム練習に参加する様子が見受けられていたのだが、プラッテンハルトについては出場停止のミッテルシュテートの代役が見込まれている一方で、トルナリガについてはまだしばらく我慢が必要だろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報