ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月30日

ダルダイ監督、イビセヴィッチ/ゼルケの2トップをテスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 同様午後からハノーファー96との一戦が控えているヘルタ・ベルリン。その試合に向けて木曜日に行われた練習では、非公開形式で行われていたのだが、ただそのなかでヴェダド・イビセヴィッチとダヴィー・ゼルケによる、2トップがテストされていたことをパル・ダルダイ監督は明かしている。「この2トップは何も、ホッフェンハイム戦での終盤だけで機能していたわけではない」

 前節のホッフェンハイム戦では、1−3とリードを許した残り30分にゼルケをドゥダと代えて投入。その結果、ゼルケのアシストなどもあり2点差を挽回して勝ち点1を掴み取った。開幕直前の練習中の対人戦で気胸を患い、長期離脱を余儀なくされてきたゼルケはジョーカーとしての起用がつづいているものの、しかしすでに復調をみせており先発争いへと名乗りをあげている。

 もう1つ入れ替えが見込まれるのが、前節で今季初先発し1得点、マン・オブ・ザ・マッチにも選出されたマテュー・レッキーが胃腸炎のために出場があやぶまれており、欠場となった場合にはペカリクを右SBとして、ラザロを前にスライドすることが考えられるだろう。まだ左SBでは「プラッテンハルトを起用する、彼のセットプレーが必要だ」とダルダイ監督は明かしており、出場停止明けとなるミッテルシュテートはベンチスタートということになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報