ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月02日

ヘルタ:ミッテルシュテートとグルイッチが練習不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われたヘルタ・ベルリンのトレーニングでは、マキシミリアン・ミッテルシュテートとマルコ・グルイッチの姿が見受けられなかった。先日のハノーファー戦で後半69分から出場し、得点チャンスもあった同選手だが、大腿筋へ「試合のうちに違和感を感じていたが、それでも最後までプレーしていた」という。

 そのためこれから数日間の休養に入ることが明かされたが、さらにそのハノーファー戦で前節につづきフル出場を果たしていたグルイッチについては、「負傷後に2試合もフル出場すれば疲労もある」とパル・ダルダイ監督は説明。今は背中に問題を抱えているという。

 また膝に腱炎を抱え個人練習のウラジミール・ダリダについては、「不必要なプレッシャーはかけるべきではない」と強調。一方でカリム・レキクからは朗報が届いており、大腿筋の筋損傷を抱えていたが、火曜午後からの練習ではフル出場を果たすとのこと。
 
 「ただカリムは前半戦で2度の離脱を余儀なくされていて、なかなかうまくいっていない。しかしトルナリガとルステンベルガーは、ディフェンスでとても良いプレーを見せてくれているしね。」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報