ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月23日

アジア杯招集の豪代表レッキー、筋損傷で負傷交代

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 レヴァークーゼンに1−2と敗戦を喫し、1年を締めくくったヘルタ・ベルリンだが、さらにこの試合の後半47分にマテュー・レッキーが、ドラゴヴィッチとバウムガルトリンガーに仕掛けた際に筋損傷を抱えて交代。

 同選手は今冬のアジアカップに向けて、オーストラリア代表からの招集を受けているところだが、いまのところはまだ離脱期間など詳しい情報は明らかにはなっていない。

 2017年夏に2部に降格したインゴルシュタットからヘルタ・ベルリンに加入した同選手は、持ち前のスピードを活かしてこれまでブンデス1部107試合に出場(10得点)、2部でも91試合に出場(21得点)しており、今季は負傷の影響もあったがここまでリーグ戦10試合(2得点)、ドイツ杯1試合に出場している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報