ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月23日

ベルリン:ペア・シェルブレッドとの契約を延長

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ローゼンボリ・トロントハイムでキャリアをスタートさせ、その後ノルウェー代表主将にまで飛躍を遂げたペア・シェルブレッドにとって、キャリアの終焉をそのローゼンボリで迎えることが目標ではあるのだが、しかしそれはまだしばらく先のことになりそうだ。ヘルタ・ベルリンは火曜、同選手との契約延長を発表。kickerが得た情報によれば単年契約となったようだ。

 マネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏は、「ペアはまさにプロフェッショナルさと意欲、精力性をもった模範的存在だ。ピッチの内外で重要な柱であり、そんな彼が残留を決意してくれたことを嬉しく思う」とコメント。

 特に今季は開幕から苦しい状況が続いたベテランMFだったのだが、しかhしその苦難を乗り越えて今は定位置争いで名乗りをあげており、今回の延長は理にかなった決断であったことを、選手自身が強調している。

 「僕がぜひヘルタに残りたいと思っていたことはみんなも知っていたことだった。家族も居心地よく過ごしているし、これからもブンデスリーガという高いレベルでプレーできることを嬉しく思っているよ。この若い、才能あるチームはこれからが楽しみだ」

 2013年には当初、ハンブルクからレンタルにて加入したシェルブレッドは、2014年に完全移籍を果たし、その精力的なプレーと対人戦の強さでMFの定位置を確保。これまでブンデス1部通算172試合に出場してきた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報