ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月27日

ラザロが練習不参加、ダリダは欠場が確定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日に行われたヘルタ・ベルリンの練習では、風邪をこじらせているペア・シェルブレッドと、大腿筋に問題を抱えるウラジミール・ダリダ、そして筋肉系に問題を抱えるヴァレンティーノ・ラザロとルーカス・クリュンターが不在となっており、さらにアキレス腱に問題を抱えるジョーダン・トルナリガについても「今日はトライをしてみたのだが、あまり良い感じではなかったね」とパル・ダルダイ監督は語った。「彼がプレーできるかどうかは未定だよ。見極めていかないと

 特にヘルタの守備陣では、レキクが退場処分により次節は出場停止にあるほか、マルヴィン・プラッテンハルトは内転筋付近の筋肉の問題のため、デリック・ルッカセンは靭帯結合部の損傷で、ペーター・ペカリクはふくらはぎの負傷を抱えているところであり、トルナリガが間に合わなければダルダイ監督は、ここのところ採用していた5バックから、4バックへの変更を余儀なくされることになる。

 さらに「ダリダについては確実に間に合わない」とも明言。加えて前述のラザロとクリュンターが本職とする右サイドバックについても不安がよぎるが、しかしながらこちらについてダルダイ監督は「木曜日には練習参加ができるだろう」とコメント。また負傷による離脱が続いていたマテュー・レッキーと、ジャヴァリオ・ディルロスンについては、選手にチーム練習復帰を果たしており、今週は下部チームで実戦経験を積むことが見込まれているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報