ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月10日

リヴァプールからレンタル中のグルイッチ、負傷で練習を中断

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンはここまで、センターバックのやりくりに頭を悩ませてきたヘルタ・ベルリンのパル・ダルダイ監督だが、さらに中盤でも緊急事態へと発展をみせることになるかもしれない。火曜午後に行われた練習にて、マルコ・グルイッチが負傷のために練習中断を余儀なくされたのだ。

 「ピッチは非常に硬かった。マルコはそこで少し足を取られてひねってしまったようなんだ」と指揮官は説明。「まだ診断結果は下されてはいないのだけれどもね」と言葉を続けた。

 昨夏にリヴァプールからレンタル移籍で加入中のセルビア代表MFは、即座に主力の座を射止めるも、今季はすでに足首の靭帯の損傷にともない2度の離脱を経験。ここまでリーグ戦18試合に出場して4得点1アシスト、kicker採点平均3.24をマークしているところだ。

 さらにヘルタ・ベルリンでは先日、ドイツU21代表MFアルネ・マイアーが練習中に、左膝の内側側副靭帯に部分断裂を抱え残り全休。さらにMFではファビアン・ルステンベルガー(大腿筋の筋損傷)、ウラジミール・ダリダ(大腿筋の負傷)に加え、今節ではオンドレイ・ドゥダも5枚目の警告を受けて出場停止処分となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報