ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月09日

ベルリン、守護神ヤースタインが手術。代役はクラフト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りヘルタ・ベルリンのルネ・ヤースタインが、膝の手術を水曜日に受けており、残りのシーズン2試合を欠場することが明らかとなった。ここのところベルリンでは、バックアップのトーマス・クラフトが首の問題と胃腸炎で欠場しており、代わりに若手スマーシュがベンチに入っていたが、そのクラフトは既に復調、残り2試合で代役を務めることになる。

 ベルリンのショルトGKコーチは「トーマスは非常にいいブンデスリーガのGKの一人だ。そしてルネのバックアップとしてこの上ないほどのプロフェッショナルさと忠義をもって取り組んでくれている」と評価。「クラフトは現在の、スマーシュは未来の選手だ」と言葉を続けた。

 なおこの日はサロモン・カルーとマキシミリアン・ミッテルシュテートが、ともに大腿筋に問題を抱えて別メニューで調整していたが、ただ木曜日にはチーム練習復帰の見通しになっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報