ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月20日

プレーツ氏「グルイッチ残留に向け、クロップ監督と話した」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 10日間にわたる米国ツアーを月曜日から行うヘルタ・ベルリン。それに先駆けて行われた定例会の席にて、マネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏は「マルコ・グルイッチの再レンタルを目指している」考えを改めて強調した。

 昨夏にリヴァプールからレンタルにて加入した同選手は、即座にヘルタの中盤の主力として活躍を披露。「我々はリヴァプールと継続して話し合いしているし、それに個人的にクロップ監督とも話をしたよ」と、プレーツ氏は語り「マルコ自身も残留を望んでいると思う。確約はできないが、しかしながら全力を尽くすことは誓うよ。来季もここベルリンでプレーできるように」と言葉を続けている。

 今季リーグ戦22試合に出場した23才は、そのなかで5得点1アシスト、kicker採点平均3.28をマーク。今季ブレイクを果たした若手MFアルネ・マイアーと共にベルリンの中盤を支え、クロアチア代表としても8試合に出場しているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報