ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月20日

ルーカス・クリュンター、脳しんとうも米国ツアー参加へ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたバイヤー・レヴァークーゼン戦にて、相手FWケヴィン・フォランドとの対人戦で負傷を抱えた、ルーカス・クリュンター。相手の腕を不運な形で顔面に受けてしまった同選手は、そのままミッテルシュテートとの交代を余儀なくされた。

 だがその後の検査の結果、同選手は軽度の脳しんとうを抱えたのみで済んだことが明らかとなっており、月曜日から10日間にわたって行われる米国ツアーには帯同することになる。

 昨夏に2部降格を喫した1.FCケルンより加入した、まもなく23才の誕生日を迎える快速サイドバックは、これまでブンデス1部38試合に出場。2得点をマークしており、今季はヘルタ・ベルリンにて10試合に出場して、kicker採点平均3.79を記録した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報