ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月06日

ヘルタ、ドイツU21代表レーヴェン獲得か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerが得た情報によればヘルタ・ベルリンは、2部降格を喫した1.FCニュルンベルクより、エデュアルド・レーヴェンを獲得するようだ。22歳のドイツU21代表MFに対しては、最近ではアウグスブルクやプレミアのクラブ等からの関心が寄せられていたものの、最終的にヘルタ・ベルリンが移籍金700万ユーロを投じる形で迎え入れることになる模様。

 カイザースラウテルンで育成され、その後にザールブリュッケンを経てニュルンベルクへと加入したレーヴェンは、今季はブンデス1部22試合に出場して3得点3アシストをマーク。さらにブンデス2部でも43試合に出場した経験をもち、5得点を記録しているところだ。

 そして現在ではドイツU21代表の一員として、イタリア/サンマリノで行われる欧州選手権に備え、南チロルでの代表合宿に参加している。

グルイッチ慰留に務めるヘルタ

 その一方で昨夏にリヴァプールより期限つきで加入し、ヘルタ・ベルリンの中盤を担う存在にまで飛躍したマルコ・グルイッチについて、ヘルタ側はさらに1年間のレンタル延長を目指しており、「彼自身もそれを希望しているし、今回のレンタルをリヴァプールも評価している。」と、マネージャーのプレーツ氏は手応えを強調。2023年まで契約を残すリヴァプールとは、これから話し合いはさらに集中していくとみられているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報