ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月06日

ヘルタ・ベルリン、今季もイビセヴィッチが主将に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アンテ・チョヴィッチ新監督が就任して迎えている新シーズンでも、引き続き主将はヴェダド・イビセヴィッチが務めることになった。2015年にVfBシュトゥットガルトより加入した元ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWは、2016年から当時のパル・ダルダイ監督より、ファビアン・ルステンベルガーから主将を引き継ぐ決断が下されており、今年の5月にはヘルタ・ベルリンとの契約をさらに1年間延長したばかりだった。

 なお副主将については、おそらくオーストリアにて今月末より行われる二次キャンプには明かされると見られており、これまではペア・シェルブレッドとサロモン・カルーが務めてきたが、チョヴィッチ監督は若手の起用も考えているようで、そこで候補として目されているのがドイツ代表ニクラス・シュタークだ。同選手の契約には今夏に行使可能な例外条項は含まれその動向が注目されていたものの、その行使期間が先月末で切れている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報