ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月29日

ヘルタ、レッキーら4選手がチーム練習不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜に行われたヘルタ・ベルリンの練習では、複数の選手がそれぞれ異なる理由により練習参加を見送った。今夏ではラザロの後釜候補として、指揮官より指名があったマテュー・レッキーだが、前日午前の練習で右大腿筋に問題を抱えて中断。午後では練習参加を見送っていた。

 チョヴィッチ監督によれば「筋肉に疲労が蓄積していて、つったような感じになってしまったんだ。何かが断裂したということはない」と、大事にはいたらなったとのことで、「数日後には」再びチーム練習への参加が」見込まれているという。

 今夏にセルティックから加入したデドリック・ボヤタについては、木曜日に行われたフェネルバフチェとのテストマッチにて右大腿筋前部に痛みを抱えており、別メニューで調整。いまのところはまだ、チーム練習復帰へのめどは立っていない。

 さらにニクラス・シュタークとルーカス・クリュンターもチーム練習参加が見送られた。両ディフェンダーともに、決して負傷をかかえたということではなく「念のためだ。ちょうど今は最終的じ時期にあるしね。切れのある動きに集中しているところだし、彼らのようなスプリンタータイプについては特に筋肉への影響を考慮していかないと」と説明している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報