ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月30日

レーヴェン「ニュルベルクよりヘルタの練習は激しい」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏に1.FCニュルンベルクからヘルタ・ベルリンへと加入した、エデュアルド・レーヴェン。移籍金700万ユーロで加入したドイツU21代表はこの日、フィットネストレーナーのクフノ氏指導の下で、集中的なランニングメニューをこなしていた。「ちょっとした祝儀だよ」と、笑顔をみせながらチョヴィッチ監督はコメント。同選手は先週末、結婚のために合宿地を離れていたのだ。

 「日取りは半年前に決まっていたんだ」とレーヴェン。「まずはフィジカル的に作り上げていかないとね。ニュルンベルクよりも、ここは明らかに激しいから」と言葉を続けた。ただピッチ外では順調に過ごせているようで「監督は僕のことをとってもたくさん知っていたし、とても熱心に語ってくれたんだ」とコメント。さらに今夏に参加したU21欧州選手権でチームメイトだった、ミッテルシュテートやマイアーらにも話を聞いていたという。

 ただその大会ではバックアップとして出場機会がなく、悔しい思いを味わった同選手。ヘルタ・ベルリンでの中盤の争いも「困難であることはわかっている」が、しかしそれでも「ベンチに大人しく座りタイプではない」と述べており、”Box-to-Box”タイプと自ら形容する、188cm91kgとフィジカルに長けたMFは、夏の傷も癒え新たな活力と目標の下、新天地での新シーズンへ臨んでいるところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報