ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月14日

バイエルンとの開幕戦控え、プラッテンハルトに続きミッテルシュテートも負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜午後に行われたヘルタ・ベルリンでのトレーニングは、開幕戦前に行われる最後の公開形式での練習となったが、だがそこでマキシミリアン・ミッテルシュテートは別メニューでの調整を行なっていた。ドイツU代表として、今夏にU21欧州選手権に参加していた同選手は、ドイツ杯初戦VfBアイヒシュテット戦にて足指の爪を負傷。

 特にヘルタ・ベルリンの左サイドバックでは、マルヴィン・プラッテンハルトが大腿筋の負傷により離脱中にあり、ミッテルシュテートにかかる期待感は高まっているところ。水曜日に行われる非公開形式での練習参加を見込んでおり、金曜日に行われる王者バイエルン戦での出場をめざすことになる。

 なおバイエルン戦で欠場を余儀なくされるのはプラッテンハルトのみならず、アルネ・マイアーが膝蓋腱炎のため、ペーター・ペカリクがふくらはぎの負傷のため、デドリック・ボヤタとジャヴァイロ・ディルロスンが共に大腿筋の負傷のために欠場。

 「開幕戦から最難関へと立ち向かうことになるが」と語った、アンテ・チョヴィッチ監督は「それでも高揚感は非常に高い。開始はつねに0−0だ。真摯にこのタスクへと臨み、そしてどこまでやれるのか結果をみていきたい」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報