ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月03日

ヘルタ、ドルトムントからマリウス・ヴォルフを獲得

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏の移籍市場閉幕間近、ヘルタ・ベルリンはインテルへ移籍したラザロの穴埋めとして、ボルシア・ドルトムントからマリウス・ヴォルフを獲得した。「市場を注視していること、まだアクティブであることは強調していた。意義ある良いオプションがあれば、ね。マリウス・ヴォルフは、ダイナミズムとフレキシブルさ、そしてメンタリティを兼ね備えた、我々のオプションをさらに高めてくれる選手だよ」と、マネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏は評価。

 なお加入は1年間の期限付きながら、ヘルタ側へ買取オプションも付随しており、kickerが得た情報によればレンタル料は200万ユーロで、さらにドルトムント側にとっては450万ユーロのサラリー削減にも成功した。 昨夏にフランクフルトから加入したヴォルフは、ドルトムントとの契約を2023年まで残しており、昨季は16試合に出場して1得点、CL4試合、ドイツ杯では2試合でプレーした。しかし今季は開幕から3試合で出場機会はまったく得られておらず、DFBスーパーカップでの9分間のみに留まっている。「早くチームの助けとなりたい」と、ヴォルフは意気込みをみせている。背番号は30。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報