ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年09月05日

ヘルタ、ボヤタがチーム練習復帰も、マイアーは未定のまま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏にセルティックからヘルタ・ベルリンへと加入したものの、今年の3月に大腿筋を負傷し、さらにテストマッチで再び悪化させたことから、ここまで離脱が続いているデドリック・ボヤタが、ついにヘルタ・ベルリンのチーム練習へと参加。「先週復帰したジャヴァイロ・ディルロスン」とともに、この代表戦期間では「ミニキャンプのように」取り組ませていくことを、チョヴィッチ監督は示唆。

 「ただボヤタについては、休みなく体調面に取り組んできた分、落ち込みはそこまでない。ただ個人とチーム練習の差を甘くみてはいけないがね」と言葉を続けている。「プレッシャーに慣れていくこと、フォーメーショを多くこなして、早く感覚を取り戻すことだ」

 また同じく、膝蓋腱炎によりここまで離脱が続いている、アルネ・マイアーについては、まだ個別での調整が続いているところであり、「どのタイミングでチーム練習に復帰させるか、それを見極めていくよ」指揮官は強調。特に「これまでに8失点をも喫しているだけに、チームとして何らかの手を打たなくてはならない。この2週間で、また定位置争いは考え直していくことになるよ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報