ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月24日

ヘルタ、シュタークとレーヴェンがチーム練習復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここのところ4試合では勝ち点10を稼ぐなど、出だしでのつまづきを取り戻しつつあるヘルタ・ベルリン。週末には同じく、ここのところ2試合でバイエルン、シャルケを破り勢いに乗る、TSGホッフェンハイムとの対戦が控えているところだ。

 今季より就任したアンテ・チョヴィッチ監督は「ホッフェンハイムはうちと同じく、まず自分たちを見出していくところからはじまり、ここ2試合でうまくマッチするフォーメーションをピッチで形づくることができている。非常にコンパクトに構えているよ」と評価。

 「我々としては、自分たちのサッカーを貫き通すということだ。ここのところ見せているものが、決して偶然による産物ではないということを見せつけたい。結果も、そして戦い方の面でもね」と意気込みをみせた。「相手のことは十分承知した上で、この追い風を受けて、今回の試合でも成功を収めていきたい。」

 なおドイツ代表参加中に、宿泊地のテーブルの角で大腿に裂傷を負ったニクラス・シュタークについては、エデュアルド・レーヴェンと共に木曜日にチーム練習参加。ただし出場に向けては「金曜日に一緒に決めるよ」と指揮官は述べるにとどまった。「2週間離脱していたことを忘れてはいけないし、負荷を増したことでの反応をみてみないと」

 一方で、10月4日のデュッセルドルフ戦にて膝を捻ったレーヴェンについては、まだメンバー入りは時期尚早のようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報