ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月26日

ヘルタの守護神ヤースタイン、ミスから失点、退場、そして2試合の出場停止へ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたFCアウグスブルク戦での前半26分、ヘルタ・ベルリンの守護神ルネ・ヤースタインは、バックパスをもたついた所を相手FWフロリアン・ニーダーレヒナーに詰められ、ボールを失い、シュートに入った相手FWセルヒオ・コルドバに対して足で防ぎにいったものの間に合わずに失点。

 さらにVARでの介入によりヤースタインが、コルドバの右ふくらはぎをスパイクで蹴っていたことが確認され、主審のサシャ・シュテーゲマン審判員より退場処分が命じられた。なお幸運にもコルドバは、特に酷い負傷は負っていない。

 そして月曜日にドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は、ヤースタインに対して2試合の出場停止処分を命じることを判断。クラブも選手も共にこれを受け入れていることから、次節のボルシア・ドルトムント戦、そして12月6日開催のアイントラハト・フランクフルト戦を共に欠場することが確定した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報