ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月14日

ヘルタ、オンドレイ・ドゥダをノリッジへレンタル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヘルタ・ベルリンは日曜日、オンドレイ・ドゥダがチームを後にすることを発表した。既報通りプレミアリーグのノリッジ・シティへと、今季いっぱいのレンタルにて加入している。

 米国フロリダとの冬季合宿最終日に、マネージャーのプレーツ氏が成立間近にあることを明かしており、ドゥダは帰国の足でそのままイギリスへ。移籍が無事に成立する運びとなった。ただ買い取りオプションは付随せず、クリンスマン氏が退任する今夏には再び、2023年まで契約を残すヘルタでプレーする。

 昨季ではヘルタ・ベルリンにて最も得点に絡む活躍をみせた同選手。しかしながら今シーズンではチョヴィチ前監督、そしてクリンスマン現監督の下でも役割を得られずに、これからプレミア最下位に甘んじるノリッジへと新たなチャンスを模索することになる。

 なおドイツ人指揮官ファルケ氏が率いるノリッジには、フェアマン、ライトナー、ドルミッチ、ヴランチッチなど、元ブンデスリーガーたちが数多く在籍中。

後半戦はマイアー不在で突入か


 その一方で後半戦初戦ではヘルタ・ベルリンは、アルネ・マイアー不在で臨むことになりそうだ。フロリダでのフランクフルトとのテストマッチにて、相手選手コールとの対人戦から膝に負傷を抱えた同選手は、まだ数日はチーム練習不参加の見通しとのこと。昨年は内側側副靭帯断裂、そして膝蓋腱炎などに苦しみ、昨年11月に復帰したばかりだったが、今回は逆の右膝とのこと。組織的な負傷もみられなかったことは、不幸中の幸いだった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報