ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月31日

カルーのプレミア復帰に暗雲、米国MLSへ?

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 かつて6年に渡りチェルシーで活躍をみせ、再び今冬にプレミアリーグへの復帰を思い描いていた、ヘルタ・ベルリン所属のサロモン・カルーだったのだが、どうやらその実現に暗雲が立ち込めているようだ。kickerが得た情報によれば確かにウェストハム・ユナイテッドが、基本的な関心を示してはいたものの、しかしながら木曜夜までに具体的なオファーはヘルタには届いていない模様。

 これによりカルーのプレミアリーグ復帰には大きな疑問符がつけられたまま、今冬の移籍市場最終日を迎えることに。特にユルゲン・クリンスマン監督の下では構想外となり、契約を残り半年としていることからも新天地を模索したいところだ。なおカルーのマネジメントは、さらに米国MLSのクラブとの交渉も行っており、こちらは金曜日以降でもまだ移籍は可能となる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報