ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月31日

パダーボルン、ヘルタから「大きな才能もった」ウィンガー獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りデニス・ヤストルツェムブスキの、SCパダーボルン移籍が確定した。ヘルタ・ベルリン所属の19才のウィンガーは、契約を延長した上で1年半に渡りレンタル移籍する。

 2015年に15才の時にホルスタイン・キールからヘルタに渡った同選手は、その2年後にAユースにて国内制覇を成し遂げ、その翌年にはブンデスリーガ5試合に出場。プロ契約も締結していたが、ただ今季に関してはここまで4部相当の下部チームのみの出場となっていた。

 ヘルタのプレーツ代表は「彼にとってこれからプロの世界で出来る限り多く経験を積むことが重要だ。だから今回のレンタルは、全ての関係者にとって意義のあることなんだよ」と説明。

 パダーボルンのプルゾンジーノ代表は「大きな才能を持った、非常にテクニックとスピードに長けた選手」と述べ、「ここでキャリアのステップアップを決断してくれた事を嬉しく思う。プレースタイルはうまくマッチすることだろう」と期待感を示している。
 
ヘルタの若手リダンも、武者修行へ

 さらにヘルタ・ベルリンでは、18才のFWデイショーン・リダンも、今季いっぱいまでのレンタル移籍、その行先はオランダのFCフローニンゲンとなった。昨夏に移籍金270万ユーロでチェルシーから獲得した同選手だが、ここまでブンデスリーガでは、第2節のデビュー戦以降出場機会を得られていなかった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報