ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月24日

大敗のヘルタ、ヌーリ監督のままデュッセルドルフ戦へ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ユルゲン・クリンスマン監督の突然の退任劇から、間も無くして2週間を迎えようというヘルタ・ベルリン。その後を受けてトップチームの監督へと昇格したアレクサンダー・ヌーリ氏は、その初戦となった最下位パダーボルンから2−1と勝利で初陣を飾ったものの、しかしながら同じく残留争いを展開する1.FCケルン戦では、本拠地にてまさかの5失点大敗。
 
 「観衆に謝罪しなくては」と試合後に語った指揮官は、進退問題について問われると「そんなこと考えてもいない」と強調。「みんなが辛い夜を迎えることになる。ここから正しい答えを見出すのは辛いものだ」と述べつつ、「早く気持ちを切替え、前を向き、試合に向けて準備をして集中して取り組まないと」と語った。「選手たちには良い感覚を練習で得てもらいたい。パダーボルン戦での戦いをみせられるように」

 なおその相手もまた同じく、下位争いを展開しているフォルトゥナ・デュッセルドルフということになるのだが、kickerが得た情報によればヌーリ監督体制のまま引き続き、ヘルタ・ベルリンはこの試合に臨むことになるようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報