ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月27日

ロリス・カリウス、今夏にリヴァプールからヘルタへ移籍?

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 どうやらヘルタ・ベルリンは、来季にむけて新たなゴールキーパーの獲得への目星がついたか。ロリス・カリウスへ、ブンデスリーガ復帰の可能性が伝えられている。

 すでに今月はじめにkickerでは、今季で契約満了となるトーマス・クラフトが、ようやく先発返り咲きを果たすも退団の流れにあることを報じており、その代わりとなる後釜をトルコにて見出したようだ。Sport1にて報じられた、ベシクタシュ・イスタンブールへの関心は、kickerでも既に確認をとった。

 同選手は2018年夏より、リヴァプールからイスタンブールへとレンタル移籍しており、今夏には再び2022年まで契約を残すリヴァプールへと戻る流れにはあるものの、しかしながらチームの居場所は、CL決勝レアル戦での2つのミスの後に、獲得したアリソン・ベッカー加入により失われたままとなっている。

 バーデン=ヴュルテンベルク州出身のカリウスは、2011年から2016年にかけて、1.FSVマインツ05の選手としてブンデスリーガ91試合に出場。そのうち30試合で無失点を記録しており、もしもヘルタ加入となればその時以来の母国復帰を果たすことになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報