ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月09日

CL残るリヨンのトゥサール、7月1日からヘルタに加入

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来季よりヘルタ・ベルリンへと加入することが明らかとなっている、仏1部オリンピック・リヨン所属のリュカ・トゥサールだが、ただその一方で加入時期のみが不透明なままとなっていた。だが火曜日にマネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏が語ったところによると、同選手は7月1日よりヘルタの一員になるという。「リヨンの首脳陣とは良い話し合いができた。このことに感謝したい。我々全員がコロナ危機による異常な自体に陥ってしまっていたのでね」

 ヘルタ・ベルリンは今年1月に移籍金2500万ユーロを投じてトゥサールを獲得していたが、後半戦ではそのまま所属していたリヨンへとレンタルという形でプレー。そのフランスリーグもコロナ危機により打ち切りとなってはいたのだが、その一方でまだチャンピオンズリーグ16強ユベントスとの初戦で勝利するなど、8強入りに前進をみせている。

 そしてチャンピオンズリーグでの再開についてはまだ未定のままとなっており、そのためフランスU21代表のヘルタ・ベルリンへの加入の時期もまた不透明のままとなっていた。おそらくチャンピオンズリーグの決断については来週にも下される可能性があるが、ただトゥサールについてはその前の時点で、ヘルタ・ベルリンはすでに決着をみることができている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報