ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月09日

ヘルタ、イビセヴィッチとの延長を見送り

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ひとまずヘルタ・ベルリンは、昨季に主将を務めたヴェダド・イビセヴィッチとの満了となった契約を、延長しない考えを伝えたことを明らかにした。「我々はヴェダドに対して、現時点では新しい契約をオファーする考えがないことを伝えたよ」と、マネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏はコメント。ただし今夏は10月はじめまで開かれる移籍市場において予見できない状況ということもあり、残留も「まだ可能性は残している」と明かした。

 確かにイビセヴィッチは今シーズン終盤から就任した、シュトゥットガルト時代の恩師ブルーノ・ラバディア監督の下で復活をみせたものの、しかしながら新たな財力を武器に攻勢をかけるヘルタでは、ACミランからピョンテクが加入、さらにルケバキオもトップの位置でプレーが可能であり、今冬ライプツィヒから加入のマテウス・クーニャも活躍を披露。チームの方針の潮流に流される格好となり、加えてリダンやエンガンカムといった若手の存在もあった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報