ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月23日

ヘルタ、ケルンのジョン・コルドバに関心

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨シーズンのブンデスリーガでは、直近の21試合において13得点2アシストをマークし、昇格組1.FCケルンのブンデスリーガ残留に大きく貢献した、ジョン・コルドバ

 契約を2021年まで残すクラブ側としては、当然のことながら契約延長を目指して入るものの、ラジオ局カラコルにて27才のコロンビア人FWは、「確かにいいシーズンだった。でも今後についてはどうなるかわからない」と強調。

 「移籍市場が普段よりも長いことは意識している」とも語っており、もしも来夏に契約満了となれば移籍への条件は更によくなることからも、立場が明らかに良いコルドバとの延長交渉は長期化の様相を呈しているところだ。

 そんな中、同選手に対してヘルタ・ベルリンからの関心が浮上。マネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏は、「興味深い選手の一人だ」とこれを認めつつも、「選手にもクラブにも我々は接触していない」とも語った。

ここのところの移籍市場においてヘルタは、投資家ラース・ヴィントホルストの存在により俄然注目が集まる存在となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報