ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月24日

ボビッチ氏、トラップの重要性説くも「主力の売却を完全に除外できない」

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここのところ噂の対象となっている、アイントラハト・フランクフルトの守護神、ケヴィン・トラップ。kickerが得た情報によれば、ヘルタ・ベルリンがリストアップしているようだが、フランクフルトのフレディ・ボビッチ氏はクラブ公式にて、このことについて発言を行った。

 「ここではっきりとさせておきたいのは、ケヴィン・トラップはうちのナンバー1ゴールキーパーであり、チームにとって非常に重要な柱であるということ。アイントラハト・フランクフルトの顔の一人であり、彼の能力は当然のことながらしっかりと評価している」と、コメント。

 ただし、その一方で「財政面については、普段以上に注意を払っていかなくてはならないもの」と強調しており、「そのためケヴィンに限ったことではなく、キープレイヤーの売却というものを完全に除外することなどできない。」と言葉を続けた。「ただ我々としては、ケヴィンは契約を履行するとみている。」トラップとフランクフルトとの契約は、2024年まで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報