ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月20日

ケプケ独代表GKコーチの息子パスカルに、バーンズリーやニュルンベルクが関心

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヘルタ・ベルリンに所属するパスカル・ケプケに対して、ドイツ国内はもとより、イングランドからの関心も伝えられている。kickerが得た情報によればブンデス2部1.FCニュルンベルクに加えて、イングランド2部バーンズリーFCも興味を抱いているようだ。

 ドイツ代表GKコーチを長らく務めているアンドレアス・ケプケ氏の息子でもある、24才のFWは2003年から2013年までそのニュルンベルクにてプレーしていた経験もあり、レンタル移籍については前向きに考えているようだが、しかしながらヘルタ側は売却を目指しているようだ。

 ヘルタとの契約を2022年まで残す、身長177cmのケプケは、これまでウンターハッヒング、カールスルーエ、アウエでもプレーした経験をもち、ブンデス1部11試合に出場、2部では71試合に出場して20得点をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報