ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月05日

ヘルタ、ジョーダン・トルナリガが足の負傷で離脱

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われたバイエルン・ミュンヘン戦にて、ヘルタ・ベルリンのメンバーの中にジョーダン・トルナリガの姿は見受けられなかった。開始前にラバディア監督がスカイに明かしたところによれば、前節のフランクフルト戦にてすでに、靭帯結合部に損傷が確認されており、「間に合うよう願っていたのだが」とコメント。だがその希望もむなしく、これから数週間の離脱へと入ることがクラブ側より明らかとなっている。

 これからまだ残り1日残されている今夏の移籍市場において、ヘルタ側が今回の負傷により再び動きに出るかどうかは不透明だが、現状により今はオプションとなるカリム・レキクが、セビージャへの移籍に迫っていることも伝えられており、補強に動く可能性は否定できない。ただしラバディア監督は先日、今夏の移籍市場の特異性を強調し、コロナ危機における選手獲得の難しさを訴えている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報