ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月05日

ビーレフェルト、独U21主将マイアーをレンタルで獲得

DSCアルミニア・ビーレフェルト
DSCアルミニア・ビーレフェルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りアルミニア・ビーレフェルトは、ヘルタ・ベルリンよりアルネ・マイアーの獲得を発表した。今シーズンいっぱいまでのレンタルで、それ以前にヘルタとは契約は2023年まで延長されている。今冬にも当時のクリンスマン前監督から道を分かちたいと考えていたマイアーには、レヴァークーゼンやシャルケからの関心も寄せられていたものの、首脳陣は残すことを判断。

 今夏も同様のスタンスをもっていたが、ただ開幕からみせるプレーからはまだ負傷による長期離脱の影響はみてとれ、移籍市場最終日にアーセナルからゲンドゥージを獲得、アウグスブルクからレーヴェンを呼び戻し、実戦経験を摘ませるためマイアーを、昇格組ビーレフェルトへレンタルすることを決断した。なおkickerが得た情報によればセルティックや、サンプドリアもマイアーに関心。

 しかし「ドイツU21代表主将として、特に今年の欧州選手県予選と来年の本戦を見据え、ピッチ上でパフォーマンスをみせて信頼を回復したかった」同選手は、出場機会がより多く見込めるであろうビーレフェルトで再起をはかることに。「首脳陣とても良い話し合いができたし、出場機会を得ていきながらステップアップできると思った」と説明。なおポジションとしては今年2月に「僕はボランチじゃない」と述べており、「CMFとトップ下がミックスされた役割が合っている」とも語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報