ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月13日

ヘルタ、アスカシバルとクリュンターが負傷で練習中断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日に行われたヘルタ・ベルリンの練習では、サンチアゴ・アスカシバルと共に、ルーカス・クリュンターも途中で中断を余儀なくされた。これまで中足骨を2度骨折し、ラバディア監督就任から戦列に加われない日々が続いているアスカシバルだが、今回は練習時から左大腿にバンデージを巻いており、「これはある種の呪いのようなもの。彼のように2度負傷が重なってしまうと、こういうことがつきまとうものなんだよ」と、指揮官はコメント。「残念なことであり、あまり深刻ではないように願っている」と語った。

 またクリュンターについては、ジャヴァイロ・ディルロスンとの対人戦にて骨盤に打撲を受けており、こちらについても「何も悪くないように願っているところだ」とラバディア監督。一方でそのディルロスンは大腿筋の負傷から練習復帰を果たしており、先週では首に問題を抱えていたマテュー・レッキーも復調。ただ怪我の振り返しを避けるためにも、あくまで慎重を期していくことを強調している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報