ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月22日

ヘルタ、ペカリクとゼーファイクが練習復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜午前に行われた練習では、ペーター・ペカリクとデヨファイシオ・ゼーファイクの姿が見受けられた。先週土曜に行われたVfBシュトゥットガルト戦にて、交代を余儀なくされていた両選手は、この日はボールも使った別メニューでの練習を実施。ペカ陸は腰に打撲を、ゼーファイクは筋肉系の問題を抱えており、まだ週末のライプツィヒ戦での出場には疑問符がつく。それはかかとの問題を抱えるジョン・コルドバ、そして頸椎の問題を抱えるマテュー・レッキーについても同様だ。

 なお現在首位を走る好調ライプツィヒとの対戦を前に、ラバディア監督は「相手の力はよくわかっている」とし、「結束力を高めて試合に望まなければ。それができればうちに勝つのは容易ではないよ」とコメント。確かにこれまで8度の対戦で1勝1分6敗と散々な成績だが、ラバディア監督就任後に戦った試合では、今回と同様に敵地での戦いで、2−2の痛み分けを演じてみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報