ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月26日

ヘルタ、ゲーゲンバウアー会長が僅差で再選

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われたヘルタ・ベルリンの総会では、ヴェルナー・ゲーゲンバウアー会長が再選を果たし、これからさらに4年の任期へと入ることとなった。2008年より会長を務める同氏に対しては、一部から「出馬取りやめ」と願う声も挙がっており、再選が決まるとブーイングも。なお最終的には賛成542票、反対421票、棄権49票と僅差での再選となっている。

 なおヘルタ・ベルリンの今後の目標としては、現在3万8020人を擁する会員の数を、4年間のうちに5万人にまで拡大することにあり、さらに新スタジアムの建設も引き続き視野に入れているところ。確かにコロナ危機による影響はこの日の決算報告にも現れており、昨季のHertha BSC GmbH & Co. KGaAの損失は5900万ユーロ。そのうちコロナ危機による影響だけで3570万ユーロの赤字になったという。

 それでもシラーCFOは財務状況を「健全」としており、負債総額は1億4170万ユーロながらこれは前投資家KKRからの株式買い戻しの結果であり、自己資本額は前年度より2000万ユーロ以上増加(1億4670万ユーロ)。特に昨夏から迎えた投資家ラース・ヴィントホルスト氏という後ろ盾が大きく、これまで既に2億7400万ユーロを出資。まもなくしてさらに、1億ユーロが投入されることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報