ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月03日

ヘルタ、トゥサールが膝を負傷。次節欠場か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 クラブ史上最高額となる移籍金により、今シーズンよりヘルタ・ベルリンへと加入しているリュカ・トゥサール。開幕から5試合続けてフル出場してきた23才のフランス人MFではあったものの、しかしながら日曜日の試合では途中交代を余儀なくされている。

 後半57分に膝に問題を抱えてピッチを後にしており、代わりに同じく今夏加入のMFマテオ・ゲンドゥージが、こちらはブンデスリーガ初出場を果たしている。なお月曜午後に発表されたところによれば、トゥサールは「靭帯には特に損傷はみられなかった」とのこと。

 ひとまずは安堵といったところだが、それでも「膝に炎症を抱えている」状態でもあるため、「数日間」は練習参加を見送り、回復へと務めることになる。「おそらくは、土曜日のアウグスブルク戦での出場の可能性は高くはないでしょう」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報