ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月11日

ヘルタ、レーヴェンが負傷離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヘルタ・ベルリンは土曜日に控えるボルシア・メンヒェングラードバッハ戦にて、エデュアルド・レーヴェンを欠いて臨むことを余儀なくされた。アウグスブルクへのレンタルから復帰して今季4試合に出場しているMFだが、クラブ側の発表によれば同選手は、筋肉系の問題を抱えているという。

 さらにブルーノ・ラバディア監督はこの試合へと臨むに際して、マテウス・クーニャを出場停止のために、ジョン・コルドバを足首の靭帯損傷のために、サンチアゴ・アスカシバルを筋肉系の問題により、それぞれ不在ということになる。ただ臀部付近に血腫を抱えて前節欠場したオマル・アルデレーテについては、「練習の様子をみてみることになる」として復帰の可能性がもたれているところ。

 ただしその様子は「先週も同じものだった」とも明かしており、最終的には出場が見合わされることになった。そこで代役を務めたのが、負傷とコロナ感染から復調したジョーダン・トルナリガであり、状態も上ってきたことから引き続きこの試合では1stオプションということになりそうだ。「この1週間でしっかりと練習をこなすことができているよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報