ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月29日

ヘルタ、主将ボヤタがシャルケ戦欠場か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週土曜夜にFCシャルケ04との一戦に臨むヘルタ・ベルリンだが、この試合では主将デドリック・ボヤタが不在となる可能性が高い。ベルギー代表DFは、12月15日に行われたマインツ戦にて足を負傷を抱えており、月曜午後から行われた練習再開初日も不在に。

 なおそのマインツ戦から5日後に行われたフライブルク戦では、「どうしても出場したい」という気持ちから負傷を押して出場しており、「休みの間を利用してうまく落ちつかせていければと思っていた。そこへの希望はあったが、しかしその思惑は誤りだったね。改善はみられていないし、シャルケ戦ではボヤタ不在を考えなくてはならない」と、ラバディア監督は述べている。代役候補はニクラス・シュターク。

 その一方で朗報も伝えられているところであり、まずコロナ検査の結果で全員から無事陰性が確認されたほか、この日はジョン・コルドバがフルメニューに参加。11月7日に行われたアウグスブルク戦にて、相手選手からのハードプレーを受け左足首の靭帯を損傷していたコロンビア人FWは、前述のフライブルク戦の前に2度、部分的ながらチーム練習へと復帰しており、今回は改めて順調な回復を示したといえる。
 

 さらなる朗報はピッチ外から。ヘルタ・ベルリンはここまで不在となっていたメインスポンサーへ、来年1月1日より仲介業を営む『ホームデイ』社を迎え入れることを発表した。なお同社のロゴがヘルタの胸元に記されるのは後半戦のみではあるものの、2024年までのエクスクルーシブ・パートナー契約も併せて締結されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報