ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月21日

ヘルタ、パプ・ゴメス争奪戦へ?ドラクスラーも再浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イタリア・セリエAのアタランタ・ベルガモに所属する、アレハンドロ・”パプ”・ゴメスが今冬にも、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督との関係悪化のためにクラブを後にする可能性がある。

 すでに数々の移籍先候補の名前が浮上しているところであり、その中には複数のセリエAのクラブ、トルコのトラブゾンスポルに加え、ヘルタ・ベルリンの名前も挙がっているところだ。

 6年以上前にウクライナからイタリアへと渡ってきた、、セカンドトップやトップ下、ウィングでもプレー可能な32才は、今シーズンでは公式戦15試合に出場して5得点、4アシストをマークしている。

 その一方でヘルタ・ベルリンは引き続き、負傷などの影響もあって今季なかなか調子の上がらないユリアン・ドラクスラーについても、移籍先の候補として挙がっているところではあるが、ただ1年前と同額の7700万ユーロの移籍金を用意することはないだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報