ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月01日

ヘルタ、マルセイユからネマニャ・ラドニッチ獲得迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 冬の移籍市場最終日である本日月曜日には、ヘルタ・ベルリンではサミ・ケディラの獲得成立が見込まれているところだが、さらにウィングの補強も視野に入れているところであり、kickerが得た情報によればどうやらそれは、オリンピック・マルセイユのネマニャ・ラドニッチということになりそうだ。
 
 セルビア代表として20試合の出場経験をもつ24才は、すでにメディカルチェックに臨む模様で、左ウィングを主戦場とする同選手をヘルタとしては、今季いっぱいまでの期限つきにて獲得。さらに1200万ユーロと成果に応じたボーナスつきでの、買取オプションも付随するようだ。

ディルロスンが負傷離脱

 特にヘルタでは左ウィングにてディルロスンが負傷離脱しており、スポルティングのジョヴァニ・カブラルや、ブレーメンのミロト・ラシカらの名前が浮上。そして最終的に身長は185cmと高さも持ち合わせる、ラドニッチへと白羽の矢が立った。

 ラドニッチは2018年夏にレッドスター・ベオグラードからマルセイユへと移籍。当時の移籍金額は1200万ユーロで、これまでリーグ・アンにて50試合に出場し7得点をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報