ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月06日

ヘルタ、負傷交代のトルナリガが「数週間の離脱」へ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜夜に行われた王者バイエルン・ミュンヘンとの一戦では、ヘルタ・ベルリンは善戦むなしくホーム0−1と惜敗を喫することになったのだが、代償はそれだけにとどまることなく、その翌日には前半で交代を余儀なくされていたジョーダン・トルナリガの離脱も明らかとなった。

 これはパル・ダルダイ監督はバーチャル・カンファレンスの中で明かしたものであり、相手FWサネと交錯した際に左臀部を痛めた同選手には、まだ股関節屈筋に大きな血腫が確認されているとのことで、負傷の度合いなどは不明ながら「腱か筋肉を損傷した」可能性を指摘。離脱期間については「1〜2週間」を見込んでいるという。

 身長191cm、左利きのDFはブンデス第2節アイントラハト・フランクフルト戦にて靭帯結合部に損傷を抱えており、さらに11月はじめには新型コロナウィルスへの感染も確認。なおヘルタはこれから2週間のうちに、2月13日にはVfBシュトゥットガルト、そして2月21日にはRBライプツィヒとの対戦が控えている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報