ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月12日

ヘルタ、ハーランドを称賛も、守備陣の奮闘に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜夜に行われたチャンピオンズリーグ16強FCセビージャとのセカンドレグでも、ボルシア・ドルトムントのエルリング・ハーランドはドッペルパックを記録、様々な言葉で大きな賛辞を受けているところだ。

 「そのハーランドをどのようにして止めるかだって?そんなことを聞かれても、まずは対戦してみて、試合が終わった時にまた答えられるだろうさ」

 そう淡々と語ったのは、週末にそのハーランドを迎え撃つことになる、ヘルタ・ベルリンのダルダイ監督だ。「いざとなったら、ヤースタインが立ちはだかってくれることだろう」

 また元ドイツ代表DFアルネ・フリードリヒSDも、「最高の選手との対戦は素晴らしいチャレンジだよ」と対戦を心待ちにしているところであり、「スピードに長け、見事な決定力を持ち、精力性と耐久性も兼ね備えた意欲的な選手だ。」と絶賛。

 その一方でまだ課題としては、空中戦では改善の余地があるとしつつ、ダルダイ監督と同様にヘルタの守備陣、クリュンター、シュターク、ダルダイへの信頼も強調しており、「彼らにとっては力を示すチャンス。それに失うものはなく、思い聞いてプレーできるんだ」と期待を寄せている。

 さらにダルダイ監督は、中盤のリュカ・トゥサールへの期待も寄せた。特にドルトムントが誇る強力なオフェンス陣に対して重要な役割を担うとみており、「ここのところは守備陣の前で卓越した仕事ぶりをみせているところだよ。」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報