ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月16日

ロイスへのラフプレーで退場のダリダ、3試合の出場停止処分へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 それでもウラジミール・ダリダにとってみれば、あの場面はむしろ幸運だったみるべきだろう。土曜日に行われたボルシア・ドルトムント戦にて、相手主将マルコ・ロイスへ悪質なファウルをおかしたにもかかわらず、重傷を負うことを避けられたのだ。

 同選手は後半80分に、ロイスの足首からアキレス腱にかけた部分に粗暴なタックルをみまっており、一発レッドによる即座の退場処分が宣告。その翌日にはそんなチェコ人MFに対して、ドイツサッカー連盟は3試合の出場停止処分を言い渡しており、既にクラブ、選手側も受け入れたことから確定済みとなった。

 今季も精力的なプレーでヘルタの中盤を支えるダリダは、今季はここまでリーグ戦22試合に出場して、6アシスト。kicker採点平均3…74をマークしており、さらに初戦敗退を喫したドイツ杯初戦でも先発出場している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報