ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月25日

ヘルタ、期待の若手ルカ・ネッツが手術。残り全休へ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヘルタ・ベルリンにて将来を嘱望されている期待の若手、ルカ・ネッツが中根足骨折のため、シーズンの残りを全休することが明らかとなった。これは木曜午前にクラブ側より発表されたものであり、手術を受ける必要があるという。

 パル・ダルダイ監督は「17才にして既に我々と共に順調な時間を過ごし、成長を見せている。そして実際に出場もして、良いパフォーマンスをみせていただけに、本人にとっても無念だろう。だがまだ若い。常に前向きだし、これを乗り越えて早く復帰できるよう、できる限りのサポートをしていくよ」と語った。
 
 左サイドの前後でプレー可能な若手ウィンガーは、2020年5月にも同様の負傷を負っており、今季はここまでブンデス1部11試合に出場。先月なかばには17才と274日にて、ブンデス初得点を決め、ケヴィン=プリンス・ボアテングが持っていたクラブ最年少得点記録を塗り替えている。

 そんな活躍に王者バイエルンからの関心も寄せられていたものの、今はヘルタでは自前で育成した「巨大なダイヤの原石」との契約延長をめざしているところであり、特にこれから守備面での改善も求められていくことになるのだが、しかしながらその機会はひとまず、来シーズンまでお預けということになってしまった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報