ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月30日

「完全に空っぽだった」途中交代のヤースタイン、ノルウェー代表に引き続き帯同

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜夜に行われたワールドカップ予選、トルコ代表戦にてノルウェー代表は、0−2で迎えたハーフタイム中に先発GKルネ・ヤースタインの交代を告げていた。だが特に怪我を抱えた様子もなく、パフォーマンスも確かに2失点を許したとはいえヤースタインの落ち度ではなかった。

 試合後、ノルウェー代表のソルバッケン監督は「彼は完全に空っぽの状態になっていた。おそらく体調が優れなかったのだと思う」とコメント。その翌日にはヤースタイン自身、所属するヘルタ・ベルリンの公式サイトにて、「特に何か悪いことが怒っているわけではない。また良くなっている」と報告している。

 そしてノルウェー代表メンバーと共に次の試合会場である、モンテネグロへと帯同。そこで行われる月曜日の最終調整での状態をみて、ソルバッケン監督はヤースタインの起用の判断を下す。なおノルウェー代表は初戦のジブラルタル戦では3−0で勝利、続くトルコ代表戦では最終的に0−3で敗戦を喫した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報