ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月19日

ヘルタ、マテウス・クーニャとミッテルシュテートが最終節欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節での1.FCケルン戦でのドローにより、ヘルタ・ベルリンはブンデス最終節を前にして、2部降格の窮地から脱することに成功した。そのため確かに今回のホッフェンハイム戦では、さほど大きな意義をもった試合とはいえないかもしれない。それでもホッフェンハイムでのアウェイ戦では8試合連続無敗というポジティブな流れを、「9へと更新するチャンスなのだ。良い雰囲気にもなれるものだしね」と、パル・ダルダイ監督は強調。

 ただそれでもこの試合では負傷を抱えるマテウス・クーニャ、そしてマキシミリアン・ミッテルシュテートが欠場を余儀なくされ、クーニャは足首の負傷のために、ミッテルシュテートは脳震とうのために参加を見合わせる。一方でサミ・ケディラ、ドディ・ルケバキオ、ウラジミール・ダリダについてはオプションとなる見通しだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報