ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月25日

一転、復帰のゼルケに、ダルダイ監督は評価を強調

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 果たしてダヴィー・ゼルケは今度どうなるのか?元ドイツユース代表FWは、レンタル移籍していたヴェルダー・ブレーメンが2部降格を喫したことにより、買取オプションの行使義務が解消。一転してヘルタへと復帰することになった。

 だが決してヘルタ・ベルリンでは、同選手をおざなりに扱っていく考えなどない。「彼は精力的に取り組む、好青年だよ」と語ったダルダイ監督は、「ここでうまく機能していたし、彼が助けにならない、と言うつもりは決してない」とコメント。

 ただ昨季に復帰を果たしたヴェルダー・ブレーメンでは、ゼルケはブンデス23試合に出場して3得点、1アシスト、kicker採点平均4.32をマーク。フュルクルークの長期離脱という状況にあっても、クラブの助けとなりきれないまま、41年ぶりの2部降格を味わうこととなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報