ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月06日

ヘルタのレッキーが母国復帰。メルボルンと3年契約。

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヘルタ・ベルリンでの4年間を経て、マテュー・レッキーが母国、オーストラリアへと帰還することが明らかとなった。今月末日をもって契約満了を迎える30歳のウィーンガーは、来シーズンからは豪州Aリーグのメルボルン・シティFCと3年契約を締結。

 2011年に10代の頃に、アデレード・ユナイテッドからボルシア・メンヒェングラードバッハへと渡った同選手は、それからFSVフランクフルトとFCインゴルシュタットを経て、移籍金300万ユーロで2017年にヘルタ・ベルリンへと加入。ブンデス1部通算139試合、ブンデス2部通算91試合に出場し、それと共に豪州代表としても63試合でプレーした経験をもつ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報