ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月05日

マテオ・ゲンドゥージ、アーセナルからマルセイユへ移籍

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 複数のメディアが報じた情報によれば、マテオ・ゲンドゥージが買い取りオプション付きのレンタルにて、FCアーセナルからオリンピック・マルセイユへと移籍することになるという。昨シーズンではヘルタ・ベルリンにレンタル移籍で加入していたフランス人MFは、すでにツイッターにてアーセナルへと別れを告げており、「良い時期も悪い時期でも、ここにいる間で僕を支えてくれた皆様に感謝しています」と投稿していた。2018年にFCロリアンからアーセナルへと加入したゲンドゥージだったのだが、確かに加入当初は今後を大いに期待させるパフォーマンスをみせてはいたものの、その後に規律的な問題などが伝えられていた。

ヘルタ、3500万ユーロの振り込みを確認


 投資家ラース・ヴィントホルストからの資金3500万ユーロが、ヘルタ・ベルリンへと振り込まれていたことが、クラブ広報担当より明らかとなった。kickerが得た情報によれば、ヘルタ・ベルリンに対して7月1日と8月15日の2回に分けて、合計6500万ユーロが投資家ラース・ヴィントホルスト氏より振り込まれることになっているものの、その7月1日分に関してはまだ受け取ってはいなかった。なお残る3000万ユーロは8月15日が予定されており、これが完了すると述べ3億7400万ユーロを投じたことになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報