ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月15日

ヘルタのヤストルツェムブスキに、ブラウンシュヴァイクが関心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この夏よりアイントラハト・フランクフルトからヘルタ・ベルリンに復帰した、フレディ・ボビッチ競技部門取締役の前にはまだ、数多くの問題が残されているところ。そのうちの1人が、デニス・ヤストルツェムブスキだ。

 2015年にホルスタイン・キールからヘルタのBユースに加入したMFは、2018/19シーズンにブンデスリーガデビュー。翌シーズンはセカンドチームを主戦場とし、2020年冬に2部パダーボルンへ、2021年冬には3部マンハイムへとレンタル移籍していた。

 またユース代表としてはポーランドからドイツに変更し世代別で歩みを進めてきた21歳に対して、kickerが得た情報によるとブンデス3部アイントラはと・ブラウンシュヴァイクが関心を示している模様。ただしヘルタとの契約はこれから最終年度を迎える。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報