ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月26日

ピーパーの代わりにシュロッターベック?「トルナリガもいるよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日のメディアとの質疑応答に参加したケヴェン・シュロッターベックは、今回の東京五輪をここまで振り返り、「一番のハイライトは開会式かな」とコメント。そこでテニスプレーヤーのアレクサンダー・ズベレフなど、「他のドイツ人選手たちと、話をすることができたからね」と語った。

 だが今はグループリーグでの戦いに集中しており、「ここではエキサイティングなタスクが待っている」と強調。初戦のブラジル戦では2−4で敗れ、サウジ戦では、「主審が警告で止めてくれることを願っていた」がピーパーの退場で苦しい展開に。それでもなんとか勝利をおさめたものの、次戦でのピーパーの欠場は確定している。

 つまりはこの日に途中出場したシュロッターベックにとってはチャンスということにもなるが、「最終調整をみてから。2つの選択肢があるんだ」と強調。それは同じくベンチから出場したジョーダン・トルナリガであり、加えて「相手を混乱させるための戦術的変更もあるかもしれない」とも。サウジ戦でみせた守備面での改善と、さらに「細かな部分をケアして」いきながら勝機を見出したい。

 そんな必勝体制で臨むコートジボワール戦に向けては、相手について「フィジカルが強い」との印象を示しており、「とても楽しみだ」と闘争心を燃やしていた。「だって相手の選手は知っている人たちだよ。ACミランのケシエを筆頭に、早いウィンガーのグラデル、ディアロもいる。」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報